有能な臨床検査技師になるにはどういった道を通ればよいのか

>

臨床検査技師とはいったいどういう存在

臨床検査技師ってどういう仕事をしているの

臨床検査技師が主に行っている仕事は各種医療機関の健康診断の実施に携わることがメインとなっており、各企業や個人の健康診断の殆どを手がけています。
他には病院の各種専門検査の実施や結果の医師への報告などを行い、各病院の診療方針の中核を担っている存在です。
また、各種検査センターや専門知識の要求される衛生研究所、自治体の公害研究所などにも臨床検査技師は派遣されています。
そして各種病院に配属されている臨床検査技師は医師や看護師、薬剤師などとチーム構成を組んでおり、連携した治療体制を作って治療方針のアドバイザー的存在も担っています。
そのジャンルは専門病院はもとより、総合病院や歯科医院まで多岐に渡り医療のほぼすべてのジャンルに在籍しています。

臨床検査技師が行う色々な検査

臨床検査技師が行う検査の内容ですがまず、心電図や脳波検査に代表される生理学的検査や、採血などの血液学的検査、病理学的検査、生化学的検査など、専門的なほぼすべての検査に携わっています。
また特殊な例としては病理解剖の助手などもあり、臓器摘出や検体採取などを行う権利も保有しています。
また検査の多様化に伴い、病院以外での活躍の場も多く、臨床検査専門の検査センターや自治体の公害研究所などでの検査を請け負うケースも増えています。
このようにいろいろな施設や病院、研究所でのニーズが今非常に高まっており、医療現場では今最も活躍の場が広がっている資格といえます。
では臨床検査技師になるにはいったいどういった方法でなれるのでしょうか。


この記事をシェアする